井の中の蛙、大海を知るともがいて溺れ死ぬことが多過ぎる

井の中の蛙大海を知らず

という諺がある。


狭い世界のことしか知らずに広い世界を知らないという意味だ。


揶揄する時に使うような諺だけど

本当に井の中の蛙って悪いことなのだろうか?


例えば、絵が上手くて田舎で神童と呼ばれていた子どもがいたとする。

田舎は人口も少ないからちょっとだけ優れているくらいで神童と呼ばれる環境であることが多い。

その子は神童と呼ばれているうちに、自分は絵が上手くて才能があると思うようになっていく。


これが井の中の蛙という状態だ。


そのままその子はすくすくと成長していき、こう思うかもしれない。

「田舎を出て都会の絵を学べる学校に行こう」


井の中の蛙が大海に飛び込む瞬間だ。


入学試験で落とされまくる、或いは入学してから周りの同級生のレベルの高さに驚く。

その時に自分が神童と呼ばれていて調子に乗っていたことを恥じる。


世界はこんなにも広く、自分はただの凡人でしかなかったことを初めて思い知る。

だけど絵のことだけを考えて生きてきた自分は簡単には戻ることもできない。

結局、周りのレベルの高さに劣等感を抱きながらも絵を描き続ける。

どんな作品ができても

「周りの人たちと比べるとあんまり上手くないけどな……」と思って落ち込む。


その頃には絵なんて全く楽しくなくなってるはずだ。


周りと比べると下手だよなと思いながらも描いた絵を田舎の知り合いが見ると

「すごい!めちゃくちゃ上手いじゃん!」と褒めてくれる。

だけど、その言葉も上手く受け止められなくなるだろう。


自分は絵が上手いという自信をバキバキに折られて、凡人であるという事実を嫌という程見せつけられているんだもの。

それでも、神童と呼ばれた頃のプライドが許さなくて、半ば焦るように絵を描き続ける。

だけど、いくら頑張っても本当に上手い人との差は縮まらず、どんどん離されていく。


そしてある日、何もかもがどうでもよくなって頑張るのをやめる。

絵なんかもう2度と描かないと思い、全く関係のないやりたくもない仕事に就いて死んだように生きる。


これが幼い頃、田舎で神童と呼ばれた大半の人間の末路だと思う。



ここで最初の話に戻る。

井の中の蛙は悪いことなのだろうか?

狭い世界で生きていけば自分の自信は折れることもなく、大したことない凡人でも気持ちだけは神童のままで生きていけたかもしれない。


井の中の蛙が調子に乗って大海に出ても溺れ死ぬケースが圧倒的に多いのではないか。


最後に、井の中の蛙大海を知らずという諺の続きを紹介して終わろう。


井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る。」


狭い世界の中で生きてるからこそ見える景色もある。

それを大切にする生き方の方が精神衛生上良いのかもしれない。


大人って何だろう

「あの人は大人だね〜」 

そんな言葉をきっと一度は聞いたことがあると思う。

もしかしたらあなたも言ったことがあるかもしれない。


大人だね。

これはどういう時に言う言葉なんだろう……


例えば、僕の場合だと、仕事で何か上手くいかないことがあった時に「まあ、向こうにも事情があるから仕方ない部分があるよね」と発言した時とか

「この件だけに全力を尽くしたい気持ちもあるけど、他にも色々とやるべき事はあるからバランスを考えてやります」と発言した時に

「大人だね」と言われたことがある。


何かを上手に割り切ったり、1つのことだけではなく色んなことに気を配ったり

そういう時に大人だねと言われるのかな?と今までの経験から僕は感じている。


その人たちが完全に正しいのか分からないけど、もし「大人だね」という言葉がそういう意味を持っているのだとしたら、大人というのは酷く虚しい。


大人は諦めることが得意で1つのことに熱中できない生き物みたいじゃないかと思う。


ただ、僕は最近何かに思い切り打ち込めなくなってきているのを実感しているし、何かにハマっても何かと理由を付けて頑張ることを諦めるようになってきている。

「仕事があって時間がないから本気では頑張れないな〜」とか心の中で考えてしまう自分が本当に情けない。


全てをかなぐり捨ててでも死ぬ気で頑張れる何かを見つけたい。


頑張りたい気持ちは心の中にはあるけど、そういう意欲がどんどん薄れていってるのが怖い。


1つのことに対して周りが見えなくなるくらい熱中することもなく、色んなことに折り合いを付けながら、過ごしていく日々はどこか空虚だと思いながらも僕はそんな日々を繰り返している。


【ネタバレ有り】鬼滅の刃4DXを観たので感想でも語りますか

今、めちゃくちゃ話題沸騰中の映画

鬼滅の刃 無限列車編」の4DXバージョンが公開されたということで観に行ってきました!


4DXは振動、光、風など触覚にも訴えかける演出があり、より臨場感があるというものです。


楽しみ過ぎる!!!

ちなみに僕は普通の映画は公開日に観たし、日常生活で「日輪刀振り回してぇ……」

とブツブツ呟くくらいに鬼滅の刃は好きです!!


※ここからネタバレを含みます。

ネタバレを避けたい方はページを閉じることをお勧めします。









さて、映画は列車に乗るシーンから始まります。

ここでまず「うおおお!」と心の中で叫びました。

シートが列車の振動に合わせて動く動く!

本当に列車に乗ってる感じでウキウキと心が沸き立ちます。

心はもはや任務に向かう鬼殺隊の一員です。



炭治郎が水の呼吸を使うと席が振動し、併せて降り注ぐ水。

本当に側にいるかのような臨場感。

迫力がすごいと言ったらもう。



まあ、この映画は無限列車と化した鬼を倒した後が本編なんですよね。



煉獄さんが猗窩座と闘うシーン。

猗窩座が拳を振るうと席のシートから衝撃波が飛んでくる飛んでくる。

自分が煉獄さんになった気持ちでした。


煉獄さんが炎の呼吸の奥義を繰り出すシーンはマジで映画の領域を超えていましたね……

あれはもはや新しいアトラクション。

視覚、聴覚、触覚全てに爆発的な衝撃が走って

鳥肌がガン立ちでした。



そして、最後に逃げる猗窩座に向かって炭治郎が刀を投げるんだけどそれが刺さった瞬間に背中に刀が刺さる感覚が走った。

一瞬自分が死んだかと思いました……



映画の内容は一度観て全部知ってるはずなのに、全く新しい感じでした。

一度観たことある人でもきっと楽しめるのでみんなも良かったら観てください!!


きっと、貴方も鬼殺隊の一員になれたり、時には鬼の気持ちになれるそんな体験ができると思います。


僕らは大量の選択肢を切り捨てて今を生きているがもう遅い

「将来の夢は何ですか?」

小学校でも必ず1回は授業で取り上げられる王道中の王道テーマだ。

きっと、皆も将来の夢を小さい頃に書いたり誰かに話したりしただろう。

プロ野球選手、ケーキ屋さん、パイロット、花屋」

大抵はそんな華やかな夢が並ぶ。


小学生の頃はそれらが叶えられる未来はある。

夢に向かって正しい選択をし続ければ叶う。

口にするのは5+2の計算くらいに簡単だ。



しかし、大人になって幼い頃の夢を叶えられた人はどれだけいるのだろうか。


甲子園に出られる高校球児はほんの一握り。野球に明け暮れて死ぬ程努力しても甲子園に届かない球児が大半だ。

甲子園に出てもプロ野球選手になれるのはその中の一握り。


華やかな場所に身をおけるのはどの業界でも一握りだ。

更に、華やかな場所の中でもそこから落ちないように常に精神をすり減らして自己研鑽に励んでいる。


こんな過酷な道が続いてるんだ、多くの人間は夢に到達する前にどこかで正しい選択肢を選べなくなるに決まってる。


僕は小さい頃、医者か弁護士になりたかった。

だけど、高校生になって文理選択という選択を迫られる。

ここで僕は理系を選んだ。

理系でも弁護士になることは不可能ではないがだいぶ遠回りになってしまう。

こうして僕は弁護士という夢を切り捨てた。


大学受験では浪人することができない家庭環境だった僕は成績が足りなくて医者になることを諦めて、工学部に進学した。

僕は医者という夢を切り捨てた。


僕は齢18にして、幼い頃の夢を切り捨てることになった。

それは夢に向かって正しい選択ができなかったから。


大学進学後も選択を続け、数々の選択肢を切り捨てて就職して仕事をしている。

弁護士でも医者でもない職種だ。


今の仕事が最悪ということはないけど、幼い頃に切り捨ててきた選択肢を思い返すと

「あの頃こうすればよかったのでは……?こっちを選べばよかったのでは……?」と考えてしまうことがある。


だけどもう遅すぎる。

時間が経ち過ぎた。

選べなかった選択肢の先を夢想しても何の意味もない。

転職することはできるけど、確実に選べる仕事は減っている。

そしてこれからも選べる仕事はどんどん減っていく。

明日も明後日も今の仕事を続けることで、他の選択肢を無意識に切り捨て続けているんだ。





4年間の成果が得られた話

話は4年程に遡る……


来年、社会人になる僕は思った。

「社会はつらいらしいから、そんな時に自分の救いになってくれる趣味が欲しい。」

どんなことを始めようか考えた結果、音楽が好きだったからピアノを始めることにした。

電子ピアノなら音が周りにあまり聞こえないから良いかなっていうのも理由の1つだった。


そして、僕は電気屋で3万円くらいのキーボードと電子ピアノの中間みたいなものを買った。

ピアノを習いに行くことも考えたけど、お金もかかるしそのうち義務感でやることになりそうで嫌だなって思って独学で始めることにした。


どんな練習をすれば良いか調べて、大人から始める向けの楽譜を買ったり、小学校低学年くらいの子が弾くような楽譜を買ったりした。

楽譜は音楽の授業で習ったから読めなくはないけど、めちゃくちゃ読むのが遅い。

ヘ音記号は尚更のこと読みにくい。


それでもだんだんと続けているうちに弾ける曲が増えていって、ピアノにはまり込んでいった。

時には弾きながら半分寝てることもあった。


ピアノを始めてから1年後、僕は本格的な電子ピアノを買った。

15万円くらいしたけど全く後悔しなかった。

それからもずっと練習を続けてきた。

何度か習いに行こうかと思うこともあって、体験レッスンにも行った。

「座り方はこう!指はこう!」みたいなことを一々言われて嫌になってしまった。


僕は趣味で弾き続けることを決めた。


それからも色々な曲を好き勝手に弾き続けた。

そして、何だかんだでピアノを始めてそろそろ4年が経つ。


今、練習している曲はYOASOBIさんの「夜に駆ける」

かなり早くて難しいけど、この曲を弾いてると楽しくなれて好きだ。


今日、電気屋にフラッと入ったら良い電子ピアノがあった。

ついつい、弾きたくなってしまって今練習中の夜に駆けるを弾いてみた。

所々ミスタッチをしながらもピアノの綺麗な音が鳴って

「あぁ、綺麗な音だけど、あんまり上手く弾けなかったな……」と思って椅子から立つと後ろから拍手が聞こえてきた。


「え!?!?」と思い、振り返ると、いつのまにか家族連れが後ろに立っていて僕に向かって笑顔で拍手をしていた。


一瞬、理解できなかった。

ちょっとしてから僕のピアノに拍手してくれたんだと気付いてめちゃくちゃ恥ずかしくなった。

「ありがとうございます……!」と早口で言って、逃げるように電気屋を出た。


顔から火が出る程恥ずかしかったけど、電気屋を出てからさっき起こったことを実感してジワジワと嬉しくなってきた。

全く知らない人からピアノの演奏で拍手されるなんて初めてだった。


あの瞬間、あの人たちには僕の奏でた音楽が届いてたんだなって思うと、4年間ずっと1人で頑張ってきたことを認められた気がしてとても嬉しかった。

もちろん誰かに認めてもらいたくてピアノ弾いてるじゃないけど、そういう反応をもらってめちゃくちゃ嬉しくなってしまった。


自分が楽しめて、誰かの心に響く演奏ができると、本当に最高なんだなと思う出来事だった。

宇宙に比べると社会なんかちっぽけなもの

f:id:piapiakun:20201101211655j:plain


日曜日の夜。明日から始まる仕事のことを考えて憂鬱になる時間。


だけど、暗い気持ちで夜を迎えている社会人の上には無数の星が光っている。


今日はそんな無数の星たちの中でも最近話題のオリオン座のベテルギウスの話をしようと思う。


オリオン座は冬の代表的な星座で、パッと見ると砂時計みたいな形をしている。


でも、実は今のオリオン座はもうそんな形じゃないかもしれないという説がある。

と言うのも、オリオン座の中の赤い1等星、「ベテルギウス」という星は既に爆発して無くなっているかもしれないからだ。

「普通に見えてるのに今はもうないかもしれない?どういうこと?」

って思うかもしれないが、ベテルギウスと地球はとても離れていて、ベテルギウスの発した光が地球に届くまで約640年かかる。

つまり、今夜見えているベテルギウスの光は640年前の光なんだ。 


今から640年前と言えば、西暦1380年。

日本は室町時代足利義満が権力を持っていて、世界に目を向ければローマとアヴィニヨンの二ヶ所で教皇が存在していた教会大分裂の時代。

そんな時代に出た光が、今、私たちの目に届いている。

そう考えるとなんだか壮大でロマンがあるなと僕は思ってしまう。


ところが近年、ベテルギウスから届く光が弱くなったり、星の形が歪んで不安定になったりという異変が見られていて爆発の予兆が出ている。

星にも年齢があって、色であとどのくらい光るのか大体分かる。

一番若いのは青い星、それから白い星、黄色、オレンジとなって一番歳をとったのは赤い色になる。

寿命を迎えた星は爆発する。

ベテルギウスはそろそろ寿命を迎えるのが色からも想像できる。



もし、ベテルギウスが爆発したら、数日間は昼でも確認できるくらい明るく輝くだろう。

平安時代だったか、そのくらいの時代に昼でも星が輝いていたという記録が残っていたみたいだ。

おそらく、星の爆発によるものだろうと言われている。


だけど、数日間輝いてから星は光を失い、2度と観ることはできなくなる。

ベテルギウスもそういう運命を辿ることになる。

余談だが、ベテルギウスは太陽の1000倍以上大きな星であり、太陽よりも重い星だから爆発後は中性子星ブラックホールになることが予想されている。



今話題になってるのはベテルギウスだけど、それ以外で、既に数百年前に爆発して無くなっている星があるかもしれない。

そんな星も今はまだ何事もないかのように夜空で輝いている。


事実が分かるのは数百年後だけど、まさに今、爆発している星があるかもしれない。

そういう宇宙の不思議さと壮大さのことを考えると、明日からの仕事のこととか、職場の人間関係がすごくちっぽけなものに感じられて心が軽くなる。


皆さんも良かったらたまには夜空を見上げて宇宙に想いを馳せてみてください!








1ヶ月毎日ブログを書き続けて感じたこと

時は9月30日。1ヶ月前に遡る。

特に目標もなく生きていた僕は1つの目標を設定した。

「10月は毎日ブログを更新する


そして10月に入ってから僕は毎日毎日ブログの記事を書き続けた。

時には、仕事の昼休みに書いたり、夜に飲み会が終わった後に書いたり。

23時50分くらいに記事を投稿するような日もあった。


長い記事だと書くのに1時間半くらいかかったものもあった。

正直、何度も何度もやめてしまおうかと思った。

誰も毎日書けと強制してるわけじゃないし、やめても何のペナルティーもない。


だけどやめなかった。

自分で決めたことを実行することができるという自信が欲しかった。

内容の質が多少落ちても書き続けることが大切だと思い、眠い目をこすりながら記事を書く日もあった。

そして、遂に今日を迎えた。


この記事を出せば僕の目標は達成される。

本当に1ヶ月よく頑張ったと思う。


僕は自分で決めた目標を達成できて本当に満足してる。


11月になったら毎日とはいかないだろうけど、気が向いたらまたブログ書いていくので是非読んであげてください!

めっちゃ喜びます。

よろしくお願いします!